ニュース

創立100周年のBMWが東京ベイフロントに複合施設をオープン 「アンリアレイジ」がBMWとのコラボ・ランウエイショーを披露

 BMWは7月8日、東京・青海の東京ベイフロントに新設したBMWとMINIの体験型販売拠点「BMW・グループ・トウキョウ・ベイ」をグランド・オープンした。同施設は約2万7000平方メートルの敷地に、BMWとMINIのショールームをはじめとして、試乗エリア、カスタムオーダーを受けられるエリアのほか、最大400人収容の国際会議ホールやネスプレッソとタイアップしたカフェなどを備える。

 同社は、併せて同施設で100周年を記念したパーティーを開催した。BMWの歴史を語る車種12台の展示や、荒聖治ドライバーなどプロドライバーによるドライビングパフォーマンスショーが行われた。

 さらに、森永邦彦による「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が、長さ約80メートルの新車展示場をランウエイとして、BMW車とコラボレーションした新作を披露した。同コレクションは、再起性反射素材を使用しており、フラッシュ撮影をすると生地に柄が浮かび上がる。ランウエイ脇からスマートフォンでショーを撮影する観客の姿が大勢見られた。森永は同コレクションについて、「生地の柄は、BMWの次の100年のビジョンを体現したコンセプトカーや、道路の模様を着想源にした。フォームについては、反転線を変えることで動きを出した。新車展示場をランウエイとするにあたり、洋服が自動車のヘッドライトに当たることによって変化することを意識した」と話した。さらに、「ファッションは未来を作ることができると信じている。狭い領域に留まるのではなく、他業界と協業して行きたい」と意欲を示した。

江上真希