ファッション

「ニューバランス」が“現代の名工”と開発したシューズを初の商品化

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、さまざまなアスリートのシューズ作りに携わり、“現代の名工”とも呼ばれる三村仁司が率いる「ミムラボ(M.Lab)」と共同開発したランニングシューズ“NB ハンゾウ V2(NB HANZO V2)”を12月14日に発売する。両者は2018年1月にグローバル・パートナーシップ契約を締結してアスリート向けにシューズを開発してきたが、商品化されるのは初めて。完成を記念した発表会が11月16日に東京・渋谷キャストで開かれ、トークショーには三村や同社とアスリート契約を結んでいるランナーの神野大地選手らが登壇した。

 上級ランナー向けの“NB ハンゾウ V2”のラスト(木型)は、「ミムラボ」が45年かけて計測した30万人以上の足型のデータと、ニューバランスの3Dスキャンを用いて計測した足型のデータをもとに作られており、多くのランナーにフィットしやすい形状が特徴だ。ミッドソールは従来の2層から1層構造にし、軽量性と反発性を向上させた。またアッパーのメッシュ素材も柔らかさにこだわり、肌あたりの良さやマメができにくいように配慮されている。三村が最もこだわったのは「けがをしないシューズ作り」だったという。「このモデルにはさまざまな機能が備わっている。でも一番大事だったのは、履いて走ってもけがをしない、そしてけがを予防することだった。今までにない履き心地のシューズを作りたかったので、ようやくその思いがかなった」。

 実際にシューズを履いて登場した神野選手は、「三村さんとは青山学院大学時代からずっとお世話になってきた。三村さんがけがをしないシューズ作りにこだわるのは、選手に練習を継続してもらいたいから。シューズの機能性だけで速くなるのではなく、けがなく練習を続けて速くなってほしいということ。“NB ハンゾウ V2”もすごく繊細に作られていて、三村さんの思いがぎゅっと詰まっている」と感謝を述べた。イベント終了後は三村から神野選手に「頑張れよ」とエールが送られた。

 “NB ハンゾウ V2”の価格は1万5000円で、カラーはメンズが3色、ウィメンズが2色。16日からニューバランス公式オンラインストアで先行予約を受け付けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら