ファッション

2018年の色は“ビジョナリーミント” 日本流行色協会が選定

 日本流行色協会(JAFCA)が2018年と19年のテーマカラーを、“いい色の日”にちなんだ11月16日に発表した。18年の色には爽やかさを連想させる“ビジョナリーミント”を、19年の色は“アウェイクニングオレンジ”を選定した。

 今年の色に選んだ“ビジョナリーミント”は、“闇の向こうの未来”と“シームレス”がキーワードだ。多くの変化が求められ、心身ともにリフレッシュしたいという人々の思いをくんで、未来への希望を込めた色を選んだ。また再開発で新たに開業する商業施設などで取り入れられているオープンな空間デザインに着目。“シームレス”な空間や人々の関係性を空気や水に例えて“ビジョナリーミント”で表現した。

 19年の“アウェイクニングオレンジ”は、平成が終わりを迎え年号が変わることを機に、未来へ踏み出す前向きなエネルギーを象徴する。また違いを理解して受け入れるダイバーシティーの考え方や、東京オリンピック・パラリンピックに向けた人々のスポーツや健康への関心度の高さも表している。

 1953年に創立されたJAFCAは、産業界に向けたカラートレンドの予測や情報発信を行う。“今年の色、来年の色”を選定するのは今年で4回目で、その年と翌年を象徴するカラーを毎年11月16日に発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら