ビューティ

「フェラーリ」がお騒がせブランド「フィリップ プレイン」に勝訴 ショーの演出に高級車を使用で3600万円の賠償命令

 スイス発のファッションブランド「フィリップ プレイン(PHILIPP PLEIN)」が2018年春夏メンズコレクションのランウエイの演出にイタリアの高級車フェラーリ(FERRARI)を使用したことが「フェラーリ」ブランドの不正利用にあたるとして、フェラーリがミラノの裁判所に提訴していた件について、裁判所は「フリップ プレイン」に対して30万ユーロ(約3600万円)の損害賠償などを命じた。イタリアのメディア「コリエーレ・デラ・セラ(CORRIERE DELLA SERA)」が報じた。

 裁判所は「フィリップ プレイン」に対して、フェラーリが映っているすべての写真と映像をウェブサイトやSNS、その他一切のプラットホームから削除することを命じた。加えて、30万ユーロの損害賠償のほか、2万5000ユーロ(約300万円)以上の弁護士費用も負担することと、「フィリップ プレイン」がフェラーリが映った写真・映像を削除しなかったり使用したことが発覚した場合には、1回につき1万ユーロ(約120万円)を支払うことを命じた。

 「フィリップ プレイン」は17年6月に開催したショーにおいて、炎が上がる演出や、電飾やペイントで装飾したフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといった高級車でスタントを披露する演出を披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら