ビューティ

「ラッシュ」がカナダと米国事業のパイオニアを不正会計で提訴

 英国発フレッシュハンドメードコスメ「ラッシュ(LUSH)」展開するラッシュ コスメティクス(LUSH COSMETICS LTD. 以下、ラッシュ社)は、長年の北米事業のライセンシーであるラッシュ カナダ(LUSH CANADA 以下、カナダ社)と、同社のオーナーの一人でビジネスにも関与するマーク・ウルバートン(Mark Wolverton)氏を相手取り、妨害行為および不正会計でカナダ・バンクーバーの最高裁判所に提訴した。

 ラッシュ社は訴訟の詳細についてコメントを避けた。また、ウルバートン氏からもコメントを得られなかった。

 ウルバートン氏は、ラッシュUS(以下、US社)とラッシュ インターネット(LUSH INTERNET)に出資しており、これらの事業の社長兼財務担当兼事務担当も兼任している。ラッシュ社は訴状の中で、ウルバートン氏がカナダ事業と米国事業の財務情報を「不適切に混合」し、US社からカナダ社へ不適切な送金を行ってきたと主張する。また、カナダ社とUS社の上級財務担当者が過去6年間で少なくとも6回は数カ月で退職しており、新たな最高財務責任者を任命したいラッシュ社に対してウルバートン氏が反対することで可決に必要な賛成数を得られず、取締役会が膠着状態に陥っていると訴え、ウルバートンの「不適切な行為」を非難し、「株主としてラッシュ社の利益を抑圧、または不当に害した」と主張する。

 ウルバートン氏と一族は90年代にカナダに「ラッシュ」を持ち込み、1996年にバンクーバーに店舗をオープン。後に事業を米国にまで広げ、現時点でカナダに53店舗、米国に200店舗以上を展開する。

 カナダ社の2019年の売上高は2億7870万カナダドル(約224億円)、営業利益(EBIT)は1590万カナダドル(約12億円)で、US社の同年の売上高は3億8640万ドル(約409億円)、EBITが4200万ドル(約44億円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら