ファッション

販売員とサロンスタイリストが語り合う スタイルを発信する仕事の流儀

有料会員限定記事

 顧客から支持を集める販売員には共通点があるはず。スタイル提案・発信のプロである理容室「タケシズバーバー」の内山和輝スタイリストと吉岡玲欧「ユナイテッドアローズ」原宿本店セールスマスターの2人が語り合う。(この記事はWWDジャパン2020年9月14日号からの抜粋です)

WWD ジャパン(以下、WWD):まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?

内山和輝「タケシズバーバー」スタイリスト(以下、内山):理容室「タケシズバーバー」でスタイリストをしています。地元の富山県にいたころは、親友の父親が働く理容室にずっと通っていたんです。その働く姿に憧れて理容師を志しました。七三スタイルや剃刀を使用してグラデーションをつけながら刈り上げるフェードカットなどが得意ですね。

吉岡玲欧「ユナイテッドアローズ」原宿本店 セールスマスター (以下、吉岡):私は「ユナイテッドアローズ」原宿本店セールスマスターとして販売員をしています。入社前は、古着一辺倒だったのですが、唯一ロンドン発の「アート・カムズ・ファースト(ART COMES FIRST)」というブランドが大好きでした。当時、日本ではほとんど展開していなかったんですが、原宿本店が扱っていて興味を持ったのが入社のきっかけです。

この続きを読むには…
残り1852⽂字, 画像10枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら