ビューティ

オンラインでヘアカットをレクチャー 人気バーバーが“ステイ・ホーム”の新しい刺激を提供

 東京を中心に4店舗を展開する人気バーバー「ミスターブラザーズ・カットクラブ(MR.BROTHERS CUT CLUB)」は、“テレカット”サービスを4月28日から開始した。

 “テレカット”サービスとは、オンライン会議ツールのズーム(ZOOM)を使って、スタイリストがヘアカットを無料で直接レクチャーするというもの。はさみ、バリカン、ごみ袋、手鏡があれば、だれでも自宅でヘアカットが行える。コースはセルフカットとボーイズカットの2種。同サロンのメイン顧客は成人男性だが、地域によっては小学校が休校になっていることや、自宅で家族と過ごす時間が増えていることから、子どもと家族がコミュニケーションを取れるようなボーイズカットコースも設けた。専用サイトや電話で予約を受け付ける。

 理美容室は政府が出した休業要請対象業種に含まれていないが、至近距離での接客が前提であり、営業か休業か補償がない中で難しい判断を迫られている。また、顧客は不安を抱えながら店に行く人がいる一方で、理美容室に行くのを我慢している場合も多い。そこで外出自粛が始まってから“オンライン会議”や“オンライン飲み会”が話題に上がるようになったことから、オンラインサービスを導入した。外出自粛が続く中でも自分のスタイルをあきらめないでほしい、“ステイ・ホーム”の新しい刺激になればと始めたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら