ファッション

「フィリップ プレイン」が伊デリーゴとアイウエアのライセンス契約締結 2021年下期に発売

 ミラノでコレクションを発表しているファッションブランド「フィリップ プレイン(PHILIPP PLEIN)」は、イタリアのアイウエアメーカー、デリーゴ(DE RIGO)とアイウエアのライセンス契約を締結した。

 フィリップ・プレイン=フィリップ・プレイン・グループ最高経営責任者(CEO)は、「『フィリップ プレイン』とデリーゴには、高い品質と優れたモノ作りという共通点がある。デリーゴが長年積み重ねてきたアイウエア業界におけるネットワークや存在感が、われわれの成功の大きな力になるだろう」とコメントした。

 デリーゴのミケーレ・アラクリ(Michele Aracri)CEOは「『フィリップ プレイン』との新しい冒険にわくわくしている。デリーゴが持つ技術力や研究のノウハウと、『フィリップ プレイン』のスタイルが明確な革新性と先進的な創造性はシームレスに融合できることは間違い」と話した。商品は2021年下期に発売予定だが、日本での販売は未定。

 デリーゴは、「ショパール(CHOPARD)」「フルラ(FURLA)」のほかハウスブランド「ポリス(POLICE)」などを手掛けており、またバッグを中心としたライフスタイルブランド「トゥミ(TUMI)」とのライセンス契約締結も発表し、こちらは21年春発売を予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら