ファッション

「フィリップ プレイン」が伊デリーゴとアイウエアのライセンス契約締結 2021年下期に発売

 ミラノでコレクションを発表しているファッションブランド「フィリップ プレイン(PHILIPP PLEIN)」は、イタリアのアイウエアメーカー、デリーゴ(DE RIGO)とアイウエアのライセンス契約を締結した。

 フィリップ・プレイン=フィリップ・プレイン・グループ最高経営責任者(CEO)は、「『フィリップ プレイン』とデリーゴには、高い品質と優れたモノ作りという共通点がある。デリーゴが長年積み重ねてきたアイウエア業界におけるネットワークや存在感が、われわれの成功の大きな力になるだろう」とコメントした。

 デリーゴのミケーレ・アラクリ(Michele Aracri)CEOは「『フィリップ プレイン』との新しい冒険にわくわくしている。デリーゴが持つ技術力や研究のノウハウと、『フィリップ プレイン』のスタイルが明確な革新性と先進的な創造性はシームレスに融合できることは間違い」と話した。商品は2021年下期に発売予定だが、日本での販売は未定。

 デリーゴは、「ショパール(CHOPARD)」「フルラ(FURLA)」のほかハウスブランド「ポリス(POLICE)」などを手掛けており、またバッグを中心としたライフスタイルブランド「トゥミ(TUMI)」とのライセンス契約締結も発表し、こちらは21年春発売を予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら