ファッション

「ファセッタズム」が南青山に出店 隣接スペースではKOHHとのコラボアイテムも

 「ファセッタズム(FACETASM)」は、本店となるファセッタズム 青山(FACETASM aoyama)を6月26日にオープンする。場所は「コスチューム ナショナル(COSTUME NATIONAL)」青山店の跡地で、売り場面積は約92平方メートル。店内にはコレクションに加え、厳選したアート作品の展示も行う予定だ。神宮前の1号店と表参道ヒルズ店は閉店していた。なお初年度の売り上げ目標は非公開。

 オープンに合わせて、同店に隣接するスペース「LAB」の監修も行う。第1弾はラッパーのKOHHが手掛けるプロジェクト「ドッグス(Dogs)」の週末限定ストアを6月26日、27日、7月2〜4日に開く。「ファセッタズム × ドッグス」のビッグTシャツ(税込、以下同2万2000円)やTシャツ(9900円)、キャップ(6600円)を扱うほか、KOHHが愛用していた光岡自動車の〝ラセード〟の展示販売を行う。

 落合宏理「ファセッタズム」デザイナーは、「このスポットから僕たちらしいさまざまなカルチャーやクリエイションが多面的にレイヤーされ、いろいろなことが生まれて成長していく場所にしていきたい」とコメントした。

◼︎ファセッタズム 青山
住所:東京都港区南青山5-4-30
営業時間:平日12:00〜20:00 土日祝11:00〜19:00
定休日:水曜 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら