ファッション

KOHHが手掛ける「ドッグス」が、古着をリメークした新シリーズ“ドッグス リメイク”をスタート

 ラッパーのKOHHが手掛けるプロジェクト「ドッグス(Dogs)」は4月26日に、古着をリメークした新シリーズ“ドッグス リメイク(Dogs Remake)”を発売する。価格は1万5800〜2万9800円で、「ドッグス」公式オンラインストアと東京都北区王子にある完全予約制の実店舗でのみ取り扱う。

 “ドッグス リメイク”は、2018年に「ドッグス」が発売した2着のジャケットを縫い合わせた“50 / 50(フィフティー・フィフティー)”から着想し、誰の目にも触れず忘れ去られていくはずだった古着をリメークしたシリーズだ。「当時、山積みの古着の中から数着のジャケットを見つけ、改造すれば着られるかもしれないと思い、家に持ち帰ってはさみで半分に切り、そしてミシンで塗い合わせて合体させてみた。実際に着てみると、ゆがみやズレに新しい価値を感じた。そのとき最初に手にしたジャケットは、いわゆるハイブランドの『ランバン(LANVIN)』のもの。ハイブランドのタグがついているだけで、人はそこに何かしらの価値を見出し、壊すことを恐れてしまう。なぜなら、それがいいモノでこのままでいいかもしれないと勝手に思い込んでしまうから。だが、実際は誰も見向きもしなくなった古着のそれを、本来意図とした形ではないかもしれないが、手間を加えてまた誰かに着られる方が洋服も幸せなのかなと思った」(KOHH)。

 全てが一点モノで、2着からなるTシャツやロングスリーブTシャツのほか、ボタンシャツなど3〜5着を縫い合わせたアイテムもそろえ、どれもサイズという概念はないという。

 「ドッグス」は、KOHHを中心に2018年4月に設立。衣服や音楽、写真、映像の制作活動をメインに、KOHHの地元・王子に完全予約制の実店舗を構える。実店舗ではオリジナルアイテムとセレクト古着のほか、不定期に「ファセッタズム(FACETASM)」や「トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)」とのコラボアイテムを展開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら