ファッション

KOHH手掛ける「ドッグス」が北区王子に実店舗オープン 「ファセッタズム」や「トーガ」とのコラボアイテムも

 今年1月にオンラインストアをオープンしたことでも話題となったラッパーKOHHが手掛けるプロジェクト「ドッグス(Dogs)」が、4月25日に完全予約制の実店舗をオープンする。住所は地元・北区王子を愛するKOHHらしい東京都北区王子の本町1-24-6。営業時間は15時から21時で、すでに「Dogs」の公式サイトから予約を受け付けている。

 オープンに合わせ、パリコレのランウエイを歩いた落合宏理の「ファセッタズム(FACETASM)」、ビジュアルにも起用された古田泰子の「トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)」、これまで幾度となくスタイリングを手掛けてきた高橋ラムダの「R.M ギャング(R.M GANG)」といった、KOHHと交流のある3ブランドとのコラボアイテムをオープン同日から販売する。

 「ファセッタズム」とのコラボTシャツは、ベースとなった「ファセッタズム」のビッグTシャツの背面から後ろ袖にかけて配されたリブを「ドッグス」のアイコン“ドッグスレインボー”にアップデート。価格は1万4000円。「トーガ ビリリース」とのブラックのロングTシャツは、KOHHが後頭部に入れている“Dogs”のタトゥーをもとにしたロゴと「トーガ ビリリース」のロゴをラバープリントであしらった。価格は9000円。「R.M ギャング」とはリブがランダムでテレコとなった6型のブラックカットソーをラインアップ。価格は1万2000~1万8000円。

 KOHHは1990年東京・北区王子生まれのヒップホップMC。薬物中毒者の母親と過ごした幼少期の実体験や、ファッションブランド、地元である王子についてをよく歌詞にすることで知られる。ラップを始めたのは2008年頃で、12年に発表したミックステープ「YELLOW T△PE」で注目を浴びると、14年にデビューアルバム「MONOCHROME」をリリース。16年にはフランク・オーシャン(Frank Ocean)の「Nikes Boys Don't Cry ver.」、宇多田ヒカルの「忘却」にそれぞれ客演として参加したことで話題となった。ファッションブランドとの協業が多いことでも知られ、最近では「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のパーティーや「ナイキ(NIKE)」のイベント「TYO: ON AIR」でライブを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら