ファッション

「トーガ」が菊地凛子とKOHHをビジュアルに起用

 「トーガ(TOGA)」と「トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)」は、2017-18年秋冬コレクションのイメージビジュアルを公開した。

 「トーガ」のビジュアルには、08-09年秋冬のビジュアルにも登場した女優の菊地凛子を起用した。公開された2カットは、ロンドンで発表したファーストルックのブルーのスーツと、3ルック目のドレスの色違いを着用し、どちらもファッション・フォトグラファーの鈴木親が撮影。グラフィックデザインは、フランスを代表するファッション誌「パープルファッション・マガジン(Purple Fashion Magazine)」でアートディレクターを務めるジャンニ・オプランディ(Gianni Oprandi)が担当した。

 「トーガ ビリリース」のビジュアルには、パリメンズのランウエイを歩いた経験も持つラッパーのKOHHを起用。メタルの装飾が襟元に施されたシャツのレイヤードスタイルと、ファーがあしらわれたウィングチップシューズを着用し、口元からは銀のグリルが見える。こちらも鈴木親が撮影し、サイケデリックなグラフィックはジャンニ・オプランディが担当した。

 KOHHは自身の楽曲「Tokyo」の歌詞で「とりあえずトレーナーは昔のPHENOMENON スウェットはTOGA」と歌い、菊地凛子も自身のインスタグラムでブランドのアイコニックなサンダルを投稿するなど、両者ともブランドを普段から着用していることで知られ、今回の起用に至ったとみられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら