ファッション

「ファセッタズム」×「ジョーダン ブランド」 x NBA選手のラッセル・ウェストブルックのトリプルコラボ ラッセルの最新シグネチャーのスニーカーも登場

 ファセッタズム(FACETASM)」は12月28日、ナイキ(NIKE)の「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」とNBAスター選手のラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)とコレボレーションした「Jordan “Why Not?” FACETASMコレクション」を発売する。ラッセルのシグネチャーモデル“Why Not? Zer0.4”(1万7500円)やトラックスーツ、ジャケット、フーディー、Tシャツをラインアップする。「ファセッタズム」公式オンラインサイト、表参道店、心斎橋店のほか、2021年1月28日からはSNKRS、「ナイキ」のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)でも取り扱う。

 アパレルは、「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」の定番アイテムのトラックスーツ(4万1800円)、ジャケット(4万6750円)、フーディー(1万7600円)、Tシャツ(6050円)にグリーンやオレンジの配色を施した。ライナージャケットは片側をフリース、もう片側にはナイロンを用いたバーシブル仕様だ。トラックジャケットは、背中から前面にかけてテープをあしらい、背面には“Why Not?” FACETASM”とプリント。パンツにはサイドにサテンのテープやジッパー付きポケットを施して、機能性を高めた。

 ラッセルは「シューズをデザインするときには、自分がどういう人間であるかをしっかりと表現している。このシューズとコレクションは、さまざまな素材を使っていながら、シューズの機能性をしっかりと優先させているところが気に入っている」とコメントした。

 落合宏理「ファセッタズム」デザイナーは「自由で楽しい、という思いを大事にしてもの作りをしている。このコラボレーションもこうした考えを形にしたものに仕上がっている。“Why Not?”が表す精神を反映させ、人々の心を動かすものを作りたいと思った」と語った。

 ラッセルは過去にも「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」や「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」とも協業しており、NBA随一のファッション好きとして知られている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら