ビジネス

日本一のショッピングセンター「成田空港」の試練 エディターズレター(2021年6月10日配信分)

※この記事は2021年06月10日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

日本一のショッピングセンター「成田空港」の試練

 2021年3月期決算が出そろう中、小売業関係者の注目を集めたのが成田国際空港(以下、成田空港)でした。成田空港は「日本の玄関」であると同時に、売上高日本一を誇るショッピングセンター(SC)としての顔を持っています。ラグジュアリーブランドや化粧品、酒類などの免税店や飲食店を中心に、コロナ前の19年3月期は売上高1432億円。長年、都心のSCを抑えて売上高トップが定位置でした。特に近年はインバウンド(訪日客)の追い風で2ケタ増収が続いていました。

 ところがコロナで暗転します。5月に発表された21年3月期の成田空港のSC売上高は86億円でした。コロナ前の一昨年に比べて94%も減ったことになります。成田空港を利用する航空旅客数が前期に比べて92%減の325万人に激減したためです。

 コロナ下の都心のSCや百貨店の売上高は、およそ前期比20〜40%で推移しました。東京や大阪の百貨店では訪日客による免税売上高が9割以上も減少。もちろん、これも死活問題になるほど厳しいわけですが、空港内のSCはその比ではないことが分かります。前回5月27日配信のエディターズレターで、小売業は人の移動によって需要が発生する商売だと書きましたが、空港内SCは人の移動でしか成り立たない商売です。EC(ネット通販)などのデジタル化の推進でどうなる話ではありません。

 国内外の空の移動は今が底で、今後、世界中でワクチン接種が進めば、少しずつ回復に向かうでしょう。成田空港の運営会社は、ビジネス需要などオンライン会議で代替されるケースが増えるとしても「長期的にみれば、アジアをはじめとする世界の経済成長を背景に、人とモノを運ぶ航空需要は世界全体で回復・再成長していく」と見通しを述べています。

 コロナ後の航空需要はどうなるのか。屋台骨だった中国人旅行客は再び日本に来てくれるのか。旅客数が戻ったとしても、旅のスタイルや消費行動は変わるのではないか。空港関係者のみならず、訪日客に依存してきた小売業の模索が始まっています。

MARKET VIEW:ファッション市場で日々発信されるホットなニュースを、「WWDJAPAN」のビジネス担当記者がコンパクトに解説。ニュースを読み解くヒントを提供します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら