ファッション

ファッション業界「K字型」に引き裂かれる 有力企業のコロナ決算

有料会員限定記事

 ファッション企業の2020年度業績が出そろった。コロナ下の経済界のキーワードになっている「K字型」が鮮明になった。過去最大の減収や赤字が多発する一方で、2ケタの増収増益を達成する企業もある。成長する企業と落ち込む企業が、Kの字のように引き裂かれている。(この記事はWWDJAPAN2021年5月31日号からの抜粋です)

【専門店】
ニューノーマルで郊外型の
低価格カジュアルに追い風

 専門店は商品、価格帯、立地などでK字型に二分された。

 上向きなのは、郊外の立地で低価格のカジュアルウエアを販売するファーストリテイリング(「ユニクロ」「ジーユー」)、しまむら、西松屋チェーン、ワークマンである。特にしまむら、西松屋チェーン、ワークマンの3社はコロナ禍の新常態を味方につけて大幅増益を達成した。外出自粛や在宅勤務の定着によって、消費者の行動範囲が自宅周辺に狭まり、将来不安もあって支出を抑えるようになった。郊外のロードサイド沿いの独立店舗が主力の3社は、昨年春の緊急事態宣言によってショッピングセンター(SC)が1〜2カ月休業した間も多くは営業を継続していた。20年9月〜21年2月期決算のファストリは都心にも店舗が多いが、郊外はもともと強く、この期間には中国市場が回復したことも幸いした。

 一方、SCを主戦場にするアダストリア、パルグループホールディングス、バロックジャパンリミテッドの3社は営業黒字こそ維持したものの、大幅な減益になった。青山商事とAOKIホールディングスはコロナ前からのビジネススーツ離れに、在宅勤務の定着によって拍車がかかり営業赤字を計上した。

この続きを読むには…
残り1365⽂字, 画像19枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら