ビジネス

切り取られても頑張る価値 エディターズレター(2021年6月17日配信分)

※この記事は2021年06月17日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

切り取られても頑張る価値

 このSOCIAL & INFLUENTIALを含む「エディターズレター」は、メールマガジンの割になかなかの開封率、そして下記にある関連記事のクリック率(CTR)を誇っています。特にこのお手紙は、今のところ開封率No.1(イェイ!!)です。

 とはいえ、このお手紙をバックナンバーとしてウェブ記事にアップしても、パフォーマンスは低調です(苦笑)。「PVが少ない」だけだったら良いのですが、時にはネガティブなご意見とともにSNSに出回ってしまいます。例えば、このお手紙。メルマガの形で、配信を希望してくださった方に、日常的なコミュニケーションの1つとして届けた時は、「そうだそうだ~」とか「そうかもしれない」というご意見が多かったのです。ところがウェブの1つの記事として、おそらく通常の記事とメルマガの違いもご存知ない方(見せ方については、改善の余地アリです)が、この記事単体にアクセス、つまり切り取られた日常的なコミュニケーションの断片としてご覧いただいた時のリアクションは、結構ネガティブ。軽く炎上しました。タイトル含め文面は、全く変わっていません。でもリアクションは、ほぼ正反対。強固なコミュニティーのありがたさと、「切り取る」「切り取られる」ことへの覚悟などを感じた次第です。余談ですが賛否両論となったこのお手紙については、その後「スック」がカラーコスメの販売を「売り切り御免」方式に改めていくというニュースを聞いて、「うん、私は100%間違っているワケじゃない」と思っています。頑固者です(笑)。

 そんな経験を経たからでしょう。ジェンダーやルッキズムに対して積極的に発信するアイドル和田彩花さんの「『言った方がいいな』という気持ちが先行するんです。言えば、誰かが知るきっかけになるかもしれませんから。発信していると、共感してくれる人がどんどん集まってくるんです。それぞれの意見を尊重してくれる人が集まり、ファンを別のファンが助けてくれるようなコミュニティーが生まれます」という言葉は、スッと心に入ってきました。対談相手の辻愛沙子さんによる、大人のための新しい教養の場「ソーシャルコーヒーハウス」についても「いいですね。すごく楽しくなると思いますよ」と語ります。ご自身がファンと、すでにそんなコミュニティーを形成している経験を踏まえての激励です。

 発信は、とにかく勇気のいることです。「切り取られる」こともあるから、なおさらです。「ポカリスエット」の“アオハルって、いいなぁ~”なコマーシャルでさえ、「こんな“アオハル”、私、体験してないから!」を皮切りに批判が繰り広げられるシーンをSNSで見ると、ますますビビります(苦笑)。

 でも、和田さんの話を聞いていると、「頑張る価値は、存在するんだ」と思えます。特に私たちのようなメディアは恐れず発信することで、「みんな、発信して良いこと」を啓蒙し、皆が発信しやすいムードを作り、対話できる文化を築き、社会を前に進めるという使命があるんだ、と思います。メディアのみならず、皆に、その責任があるのかもしれません。

SOCIAL & INFLUENTIAL:社会情勢によって変化するファッション&ビューティ業界を見つめます。インクルージョン(包摂性)&ダイバーシティー(多様性)な時代のファッション&ビューティから、社会に届けたい業界人のオピニオンまで。ジャーナリズムを重んじる「WWDJAPAN Digital」ならではのレターです。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら