ファッション

アイドル「らしくない」発信でアイドル像を拡大する和田彩花 「共感者はどんどん集まってくる」

有料会員限定記事

 歌やダンスのみならず、ジェンダーやフェミニズムといった社会課題への言及にも注目が集まるアイドル、和田彩花。10代の頃から多くの人に「見られる環境」「らしさを求められる世界」を生き抜いてきた彼女は、ルッキズムに対してどのような考えを持っているのだろうか。6月14日発売の「WWDJAPAN」を監修する、辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)と対談した。クリエイティブの力で社会課題に対話を投げかける辻CEOと、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、“美の基準”や社会課題にまつわる発信をすることについて語り合う。

辻愛沙子アルカCEO(以下、辻):アイドル活動を通じてルッキズムを感じたことはありますか?

和田彩花さん(以下、和田):ブログに「ブス」とコメントされたり、ネットの掲示板に書かれているのをメンバーが見てしまったりはありましたね。特に私がデビューした時のグループには「日本一スカートの短いアイドル」というキャッチコピーがついていたので、途中から加入する後輩たちは、「このグループにふさわしいか」を見た目だけでジャッジされてしまう空気があり、苦しかったのではないかと思います。「脚が長い」という打ち出し方をされることもありましたから、途中加入のメンバーも、脚が長いかを見られてしまいますよね。

辻:メンバー自身も、自分自身ではなく他者評価を軸に「私はここにいて大丈夫だろうか」と気にしてしまいそうです。

和田:「脚が長い方がいい」とか「細い方がいい」というのも、つくられた規範なんですよね。最近は価値観が多様になり、アイドルの世界にも「自分のありのままの姿でもいいんだよ」という空気感ができてきました。自分が納得する姿であれば、ダイエットする必要はないと思います。でも当時はその価値観が浸透していなくて、「ダイエットした方がいいよ」と言われるメンバーもいました。振り返れば、美しさの基準が一つしかありませんでしたね。

辻:美しさの規範がある中で、和田さんご自身が葛藤されたことはありましたか?

この続きを読むには…
残り1355⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら