ビューティ

コーヒー片手に、見た目への偏見を考えた 「今週の特集お届け隊」2021年6月14日号

 毎週発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2021年6月14日号からの抜粋です)

村上:今回の特集は我ながら難しかったー。辻愛沙子さんが今後語り合っていきたいというテーマの中に「ルッキズム」という言葉があって、見た目を彩るファッション&ビューティ業界も向き合うべき課題だとテーマに選んだけど、自分を含めていかに画一的なモノの見方に縛られているかということを突きつけられた感じ。正直、何が正解?ってなっちゃった(苦笑)。

ソーン:言われて気づくことってたくさんありますよね。私は女性で、ミックスレースということもあって、「ルッキズム」については深く考えたり、勉強したりしてきたので、特集のテーマを聞いて「来た‼」と思いました。ビューティ業界を幅広い視点から見ている、美容ライターの長田杏奈さんの視点はぜひ入れたかったんです。

村上:何が印象的だった?

ソーン:アイドルの和田彩花さんもロリータファッションモデルの青木美沙子さんも見た目で偏見を持たれてしまうことに対して、「中身&やっていることで勝負!」と語っていたのが心に残っています。本来、誰も見た目で偏見を持たれなくていいハズなのに、それをカバーしなくてはいけないような世の中が申し訳ないというか……。でも、そうやって戦ってきた方たちがいることで、自己表現の幅や考え方が広がって、後に続く人もいるのだろうなと思いました。

村上:なるほどね。僕は「能動的に受け身になる」ことがこれからの1つの正解なんだろうなって思った。求めやすいムードがあって、求められれば応えられる選択肢があることが大事なのかもしれない。目からウロコだったよ。

ソーン:何が正解ということはないと思んです。今まで割と無邪気に発信していたこと、例えば“トレンドカラー”とか“美白”とかに関して改めて考える、対話のきっかけになることはできたんじゃないでしょうか?「一緒に考えていこう」という姿勢も表明できたと思いますし、皆にちょっと前に出る勇気を持ってもらえたらうれしいです。

村上:そうだね。「コーヒー片手に」的なフランクさは大事。でも、こうした社会問題に対しては、ふわっとした状態でも向き合い続ける覚悟が必要だなって思った。これからもフランクに向き合い続けていこう!

【「辻愛沙子と語り合う新しい教養」その他記事】
■業界は、「画一的な美しさ」から解放されたのか!? WWDJAPAN記者がルッキズムの現在地を語る座談会
■“多様な美しさ”の尊重で業界のアプローチはどう変わってきた? 美容ライター、長田杏奈が語る

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら