ファッション

婚活中の38歳ロリータモデル、青木美沙子が感じる“普通”の壁

有料会員限定記事

 ロリータファッションを愛する青木美沙子は、その普及を目的に日本ロリータ協会を設立し、日本外務省からカワイイ大使にも任命された。とはいえ、社会の偏見や圧力は根強い。ロリータファッションそのものへの偏見に加えて、38歳という年齢に伴う圧力、「ロリータなのに婚活」という“普通”との壁。6月14日発売の「WWDJAPAN」を監修する、辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)と対談した。ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について一緒に語り合う。

辻愛沙子アルカCEO(以下、辻):ロリータファッションに対して、ファッション業界人を含む世間の反応は?

青木美沙子(以下、青木):“王道”とは違ったスタイルかもしれないけれど、今なおコスプレの延長と捉えられることもあります。中国を中心にアジアでは広く受け入れられていて、ビジネスとしての価値も存在するのに、発祥の日本ではずっとニッチです。“王道”からかけ離れているから偏見が多く、ロリータファッションは生きづらい。「こんなに人権がないんだ」って思うことも多々あります。「私は、ファッションとして楽しんでいるだけだから」。これを一生かけて伝え続けるのは、大使である私の役割です。

辻:ロリータに向けられる偏見は、年齢を重ねたことでさらに変化がありましたでしょうか。

青木:38歳でロリータファッションをしていると、「ロリータ残飯」や「お化けババア」という言葉を浴びせられることさえあります。ロリータならではの少女性という性質に加えて、そもそもファッションやビューティ全般において「若いことは素晴らしいこと」という価値基準が根付いています。だからこそ、社会からの圧力は変化するんだと感じました。ピンクやツインテールに年齢制限はあるのでしょうか?ファッションと年齢にまつわる偏見は、「25歳までの」とか「アラサーの」など、年齢でファッションや美しさの規範を区切ってきたファッション誌の責任も、少なからずあるのではないでしょうか。

この続きを読むには…
残り1197⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら