ファッション

多様な「美しさ」を撮るアーティストが考える、見た目の偏見にとらわれないクリエイションで意識すべきことは?

有料会員限定記事

 ファッション誌や広告ビジュアルなどで幅広く活躍するアーティストの嶌村吉祥丸。被写体としてのモデルを撮影する立場としての嶌村は、見た目に対する偏見として知られる「ルッキズム」という社会課題に対して経験を通してどのように考えているのだろうか。6月14日発売の「WWDJAPAN」を監修する、辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)と対談した。社会派クリエイティブを掲げる同氏と共に、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について語り合う。

辻愛沙子(以下、辻):モデルや被写体が「痩せなければいけない」など、ルッキズム的な固定観念を抱えていると感じたことはありますか?

嶌村:撮影をする際に、モデルから「撮影に向けて痩せよう」などといった撮られる側の意識やモチベーションを感じることはあります。その日の体調次第では「ちょっと肌が荒れている」ことや、「転んでアザができてしまったからその部分は写してほしくない」といったこともあります。僕としては本人が嫌がることは避けつつも、場合によってはモデルの寝癖を生かすくらいの心意気で撮影しています。

辻:ルックブック撮影などの仕事現場では、クライアント、被写体、そして写真家と、それぞれが思う「美しさ」があり、ときには一致しないこともあるかと思います。そんな場合はどのように折り合いをつけていますか?

この続きを読むには…
残り1575⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら