サステナビリティ

世の中の当たり前に“違和感”を問いかける雑誌「IWAKAN」が創刊 コムアイらがジェンダー観を語る

 クリエイティブスタジオのリング(REING)は10月15日、既存のジェンダー観に問いを投げかける雑誌「IWAKAN」を創刊した。公式オンラインストアのほか、代官山 蔦屋書店、六本木 蔦屋書店などで取り扱う。価格は1500円。

 「IWAKAN」は“女の子だから行儀良くしなさい”、“男なら泣くな”といったこれまで当たり前とされてきたジェンダー観に違和感を抱く人たちに寄り添う雑誌として誕生した。創刊号では「女男」をテーマに男女二元論に違和感を抱く国内外のアーティストやミュージシャン、活動家らが参加した。水曜日のカンパネラのコムアイやトランスジェンダー女性であり、ドラァグクイーンでもあるアラーナ・スター(Allanah Starr)のインタビューのほか、男女の違和感を表したアートワークページ、164人が男女の違和感について回答したアンケートなどのコンテンツをそろえる。

 発売を記念して東京・高円寺の書店、タタbookshop galleryでは16日から同誌に登場する作品の原画や映像作品、アザーショットなどを展示する。期間は11月1日まで。

 リングはこれまでに“性別や人種、年齢、体型といった生まれながらに付与されるラベルへの社会的イメージから個人を解放し、ありたい自分を選択するためのクリエイション”を軸に発信を続け、ジェンダーニュートラルなアンダーウエアの販売やジェンダーを多角的に考察する対話型イベントなどを開催している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら