ビューティ

ポーラがサステナビリティ推進の一環で「女性のエンパワーメント原則」に署名

 ポーラはこのほど、「女性のエンパワーメント原則(Women’s Empowerment Principles、以下、WEPs)」に署名したことを発表した。「WEPs」はグローバル・コンパクトとUNウィメン(UN WOMEN)が2010年3月に共同で作成した、女性の活躍推進に積極的に取り組むための行動原則のこと。「トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進」「機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃」「健康、安全、暴力の撤廃」「教育と研修」「事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動」「地域におけるリーダーシップと参画」「透明性、成果の測定、報告」の7原則で構成される。

 ポーラは6月に、29年に迎える創業100周年に向けて“誰もが美しく生きることができる社会”を目指す「サステナビリティ方針」を発表。SDGs(持続可能な開発目標)の目標数値を社会・経済・環境に分類してゴールを定めた。その一つとして「ジェンダー、年齢、地域格差、さまざまな壁の解消」を掲げている。今回の「WEPs」への賛同と署名を機に、女性のエンパワーメントおよびダイバーシティー推進をさらに強化し、全ての人が活躍できる持続的な社会への貢献を目指す。

 現在、同社の女性役員の割合は約40%で、女性管理職の割合は約30%を占める。育児休暇制度やテレワークをはじめとした人事制度の推進に加え、意欲と能力のある女性従業員の活躍の場の拡大や管理職への登用、公平性のある人事評点など、性別やライフステージに関係なく一人一人の能力を十分に発揮できる環境づくりを推進する。

 「WEPs」は、日本企業では251社が署名(20年4月10日時点)。化粧品業界では資生堂と花王が10年に署名し女性の活躍推進に取り組んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら