ファッション

6~8月のアパレル求人数は25%減と「クリーデンス」が発表 パタンナー、販売職への打撃大きく

 パーソルキャリアが運営するアパレル・ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス(CREDENCE)」が、コロナ禍が求人動向に与えた影響を発表した。2020年6~8月に同社が扱った求人数は前年同期比25.0%減。「採用市場は7月を境に徐々に回復基調にある。21年4月以降は企業によって回復レベルは高くなる」と見込むが、「リーマンショック時はそれ以前の状態に戻るのに3年以上かかった。今回もそれと同等、もしくはそれ以上の時間がかかる」と読む。

 6~8月の求人数は、正社員は同17.1%減に踏みとどまったものの、契約社員は同44.8%減と大幅な下落。職種別求人数では、パタンナーが同58.7%減、店長・販売職が同38.2%減と大きく打撃を受けている。パタンナーは、「コロナ禍による業績悪化で海外工場にパターンを外注する企業が増加した」。店長・販売職はコロナ禍以前は人材採用難で正社員化などが進められ、売り手市場が続いていたが、「売り手市場から買い手市場への変化が顕著になっている」。一方で、EC強化が各社の急務となったことで、EC・通販関連の求人数は同3.1%増と増えている。

 今後、採用ニーズが高まると見込むのは、引き続き「ECサイト構築やデジタルマーケティングを行う人材」「業務効率化、コスト削減推進のためのデータ活用、オートメーション化の知見がある人材」。また、コロナ禍からの早急な立て直しのために、「商品企画、販売計画などを担うMDやデザイナーを求める企業も増える」と見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら