ファッション

セレクトが発起し一丸となって人材確保 優秀な人材や潜在層にアピール

有料会員限定記事

 ライバルであるファッション・アパレル企業が協力し、人材確保に取り組んでいる。狙うのはファッションに興味はあるが、ファッション専門学校生などと比べて接点の少ない、一般の四年制大学生だ。近年は販売員の慢性的な人手不足が浮き彫りとなり、企業の成長を阻む問題の一つとなっている。昔ながらの“待ちの姿勢”が常態化し、売り手市場となってしまったファッション業界。2年後には就職活動のルールが、これまでの新卒一括採用から通年採用へと見直されることもあり、優秀な若手人材にいち早くアピールする必要がある。(この記事はWWDジャパン2020年2月24日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2796⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら