ファッション

編集長は今月何した? マックイーンの新店で癒され、LVでアドレナリン、開店前の伊勢丹で秋物チェック

 こんにちは。「WWDジャパン」編集長の向です。9月に入り、少しずつイベントが動き出しました。慎重に、でも盛り上げることを諦めず、ですね。そして週刊紙「WWDジャパン」は今月から“ファッション&ビューティ”のメディアにリニューアルしました!ここには書いていませんが連日、社内ではファッション×ビューティでいかに盛り上げるかの特集ミーティングが続いています。面白くなってきました。

9月1日(火)
マックィーン新旗艦店で
サラの包容力に触れる

 「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」と言えばいまだに黒くて強くてスカルでサディスティックだと思ってしまう方もいるでしょう。そんなファッションラバーのあなたはどうぞ一度、新コンセプトでオープンした表参道店に行ってみてください。サラ・バートン(Sarah Burton)の懐に包まれるような温かさを体感すると、リー・マックイーンの呪縛からゆるゆると解かれ、「時代は進んだのだ、そしてマックイーンというブランドはやはり力強い」と思えるハズ。力強さの理由のひとつは自然に敬意を払ったインテリアでしょう。本当に素晴らしい!店を訪れたらぜひ試着室に入ってその空間を体感してください。母の胎内にいるような(覚えてないけど)、不思議な気分になりますよ。

9月2日(水)
水曜日、開店前の伊勢丹新宿は
やる気に満ちていた

 8月末~9月頭の水曜日の朝、開店前の伊勢丹新宿本店の従業員通用口に立っていると、知り合いが次々と登場します。水曜日は伊勢丹のプロモーションの切り替えのタイミングで、業界関係者が設営や応援販売にくるからです。バイヤーも勢ぞろい。秋の立ち上がりのこの時期は皆さん気合が入っていて、こちらもアドレナリンが出ます。

 この日は本館1階にオープンした自主編集売り場「イセタン シード」などを見に来ました。全館から100ブランド約1300点を選んで並べてあり、広い百貨店をくまなく歩かずとも一押し商品をまとめて見ることができるというコンセプト。フロアごと、セクションごとに分断されがちな百貨店のMDをエイヤッと再編集しており“何かありそう”と思わせます。思い切りましたね~。待ち合わせ場所にも最適です。開店前の1時間に少しで多くの新しい売り場を見ようと走り回っていると、伊勢丹で応援販売をしていた時代を思い出します。新商品の立ち上がりってなんだかんだ店頭はテンションが上がるのですよね。

9月2日(水)
「ルイ・ヴィトン」のショーに
テンションうなぎのぼり

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、東京でドカンとやってくれました。2021年春夏メンズ・コレクションの会場に着くと久しぶりにテンションがうなぎのぼり。この時期にこの規模のイベントを開くことは決断だし、調整が山ほど必要だったはず。“ファッションを通じてワクワクを生み出して届けるのだ~”というヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の情熱がビシバシ伝わってきます。最後に東京湾海上に花火が打ちあがったときはジワリと来ました。そして、デジタルコレクションがリアルのショーとは別の編集であり、なおかつリアルと同じくらいのインパクトがあるのがすごい。下の画像はリアルとデジタルのスクショを織り交ぜてみました。

9月15日(火)
今年も楽しんだ
「日本メガネ大賞」の審査会

 3年目となる「日本メガネ大賞」の審査会へ。在宅勤務が増えたことでコンタクト使用者がメガネ派へ転向するケースが増えていますよね。オンライン会議でほぼスッピン+メガネの女性の姿をよく見ます。メガネはもはやメイクの一部なのです。表情を決定づけるフレームの色やカタチ、質感は重要。そんなことを考えながらじっくり選ばせていただきました。

9月16日(水)
「アルペン」の会見は
“数字で語るデザイン”

 スポーツ専門店「アルペン」の自社ブランド「ティゴラ(TIGORA)」の事業説明会へ。おもしろかったのが、デザインの説明に数値がバンバン出てきたことです。ストレッチが効いたパンツの説明は「横に14%、縦に8.5%の伸縮率があります」となり、とても軽いコートのアピールは「540グラムです」。そしてとても保温性が高いアウターについては、「着ると体感温度は約5.9℃上がります」と超具体的でした。さすがスポーツが出自の会社ですね。見た目はシンプルなデザインが多いからこうやって数値で聞くと納得。接客もしがいがありそうです。

9月16日(水)
今秋一番の話題
「心斎橋パルコ」のオンライン会見

 この秋、商業施設の一番の話題は11月後半に開業する「心斎橋パルコ」でしょう。この日はオンラインで記者会見が開かれ出店テナントなどが発表されました。「サカイ(SACAI)」など人気ブランドがそろうデザイナーゾーンに加えて、1フロア丸ごとの「無印良品」や、8階のスポーツに新しい提案がありそう、と予想しています。

9月17日(木)
最新号と
在宅勤務のお供

 今月から「WWDジャパン」はファッション&ビューティの週間紙としてリニューアルしました。生活では服とメイクは切っても切れない関係ですが、“ファッション業界”と“ビューティ業界”となるとほぼ没交渉なのが現実。百貨店の売り場もきっちり分かれていますよね。掛け算をすればより豊かな提案ができるはずなのにもったいない!という訳で「WWDジャパン」は両方のビジネス情報を同時に得ることができる構成に変えました。特に今月は毎週、ファッション×ビューティをテーマにした特集を連打。私自身、これまでほぼ取材してこなかったビューティの話題がバンバン耳に入ってくるようになり刺激的です。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら