ファッション

新生「ジバンシィ」の初のビジュアルが公開 マシュー・ウィリアムズによるハードウエアにフォーカス

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は、新クリエイティブ・ディレクターのマシュー・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)による初の広告ビジュアルを発表した。今後、ウィメンズとメンズの両コレクションでシンボルとして打ち出していくハードウエアにフォーカスしたもの。ウィリアムズの長年の友人であり、写真家の巨匠のニック・ナイト(Nick Knight)が撮影した。

 ウィリアムズは6月にクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、パリでの新生活からインスピレーションを得て、愛着を感じた場所や象徴的なエンブレムをデザインに取り入れているという。特にセーヌ川の橋に飾られる南京錠”ラブ ロックス(Love Locks)”の写真がこのハードウエアのシグニチャーを生み出すきっかけになった。これらのハードウエアはユニセックスのアクセサリーとして提案される。

 ゴールドフィニッシュの“ジバンシィ ロック”はUロックを採用し、シンプルで幅の細いボディーが特徴的。エキゾチックレザーのエンボス加工を入れた南京錠は、底部にアシンメトリーな穴があり、小ロックをつけて使用することができる。

 動画では、ラッパーでソングライターのプレイボーイ・カルティ(Playboi Carti)が声の出演をして、カルティによる”Givenchy”の正しい発音と間違った発音を、高解像度プリンターの映像に合わせて流している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら