ファッション

伊勢丹新宿本店1階にライフスタイル型自主編集売り場 雑貨、化粧品、書籍など100ブランドを買い付け

 伊勢丹新宿本店は2日、本館1階にライフスタイル型の自主編集売り場「イセタン シード」をオープンした。もともと傘、ハンカチなど婦人雑貨の売り場だった区画を改装。カテゴリーの枠を取り払い、ファッション雑貨から化粧品、書籍、食品に至るまで100ブランド約1300点を並べた。改装後の売上高目標は非公開。

 「コロナ禍でお客さまが安心・安全を求める心理へ変化する中、『ここに来れば欲しいものが見つかる』という売り場が必要だと考えた」と小林嵩同店婦人雑貨バイヤー。定期的にポップアップイベントも開催するなど、この売り場を起点とした来店頻度向上と買い回り促進も視野に入れる。

 各カテゴリーのバイヤーが買い付けた定番品や名品などのほか、鮮度の高いトレンドアイテムも並ぶ。展開ブランドはファッション雑貨が「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」「ナナナナ(NANA-NANA)」、コスメが「ウカ(UKA)」「ダヴィネス(DAVINES)」、文具は「ラミー(LAMY)」など。デジタル機器は「家電量販店にはない、百貨店らしいもの」(小林バイヤー)の提案として藤原ヒロシや「サカイ(SACAI)」とコラボしたポラロイドカメラなども買い付けた。食品ゾーンでは、同社が運営する食品のオウンドメディア「フーディー」で読者が選んだ食品100選を陳列している。

 膨大な商品群を抱える同店において「コンビニのような快適さ、利便性のある売り場を目指した」(小林バイヤー)。陳列棚にはタブレット型端末も数台設置されており、これらは同社の公式アプリ「三越伊勢丹アプリ」と連携している。詳しい商品説明を調べたり、ECでの購入から自宅で受け取ったりすることも可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら