ファッション

現代アーティスト、トム・サックスが伊勢丹新宿で展覧会 “店舗体験”がテーマ

 アメリカの現代アーティストのトム・サックス(Tom Sachs)が、東京・伊勢丹新宿本店のポップアップスペースで展覧会「Tom Sachs: Retail Experience(トム・サックス:店舗体験)」を開催する。会期は9月29日~11月30日で、作品は販売する。

 サックスは彫刻や身近な素材を使った作品が特徴で、「ナイキ(NIKE)」などファッションブランドとのコラボレーションでも知られる。今回のテーマは“店舗体験”で、チェア(38万円)、テーブル(30万円)、ランプ(20万円)など購入可能なアート作品が展示される。加えて、Tシャツ(2柄、6900円)とファニーパック(3色、5万円)のアパレルも販売する。

 サックスの最初の仕事が米国の百貨店バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)のウインドーディスプレー制作であったことから、日本の百貨店での開催には特別な思いがあるという。展覧会スペースもサックス自身がデザインを手掛け、作品に多く登場するプライウッド(合板)を多用した。また、9月23日~10月13日には展覧会を記念したウインドーディスプレーを公開する。

■「Tom Sachs: Retail Experience(トム・サックス:店舗体験)」
日程:9月29日~11月30日
場所:伊勢丹新宿店本館2階 ISETAN THE SPACE
住所:東京都新宿区新宿3丁目14番1号

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら