ビューティ

成長するメンズコスメ市場 男性が求める売り場作りと商品とは?

有料会員限定記事

 メンズコスメ市場は、カラーメイクを発表するブランドが相次ぎ、にわかに“メイク男子”が話題に上るなど、これまでの“身だしなみ”とうたうスキンケアの提唱から、ステージアップした印象で、メイクも含めたトータル提案が主流だ。昨年9月にメンズコスメ売り場を改装した東武百貨池袋店は今年2月まででメンズコスメの売り上げが前年同期比50%増、阪急メンズ東京は19年の売り上げが同約30%増、ロフトは19年の売り上げが同45%増と大幅に伸長し、その可能性に期待がかかっている。売り上げの規模が小さい分、どう売り場を確保するか、どう発信していくかが今後の売り上げに直結しそうだ。さらにメンズコスメ市場を拡大するための小売店の施策とは。(この記事はWWDビューティ2020年3月12日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1302⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。