ビューティ

成長するメンズコスメ市場 男性が求める売り場作りと商品とは?

有料会員限定記事

 メンズコスメ市場は、カラーメイクを発表するブランドが相次ぎ、にわかに“メイク男子”が話題に上るなど、これまでの“身だしなみ”とうたうスキンケアの提唱から、ステージアップした印象で、メイクも含めたトータル提案が主流だ。昨年9月にメンズコスメ売り場を改装した東武百貨池袋店は今年2月まででメンズコスメの売り上げが前年同期比50%増、阪急メンズ東京は19年の売り上げが同約30%増、ロフトは19年の売り上げが同45%増と大幅に伸長し、その可能性に期待がかかっている。売り上げの規模が小さい分、どう売り場を確保するか、どう発信していくかが今後の売り上げに直結しそうだ。さらにメンズコスメ市場を拡大するための小売店の施策とは。(この記事はWWDビューティ2020年3月12日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1302⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら