ビューティ

インフルエンサープロデュースに商機 目立つ化粧品カテゴリー

有料会員限定記事

 インスタグラムやツイッター、ユーチューブなどの台頭で個人の影響力が大きくなっており、インフルエンサーはモデルや著名人を超える勢いで影響力を増し続けている。そうした中で増加しているのが、インフルエンサーによるプロデュースブランドだ。特に化粧品カテゴリーで目立っており、その筆頭として注目を集めたのが、アイドルグループNMB48の吉田朱里がプロデュースしたコスメブランド「ビー アイドル」のヒットだ。彼女は芸能活動を行うアイドルだが、ユーチューブでの美容系動画など個人の発信力の強さで支持されたことが一因となっている。同ブランドから発売されたリップスティック「つやぷるリップ」は2019年5月の発売から3カ月で50万個以上を売り上げ、現在はアイシャドウパレット「ザ アイパレ」や限定のグリッターライナーなどを展開し幅広い層から好評を得ている。(この記事はWWDビューティ2020年8月6日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1252⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら