ファッション

“自分のおっぱいに自信を持って” お笑い芸人バービーが「ピーチ・ジョン」とのコラボレーションに込めた思い

 「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」は2020年2月5日に、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーとコラボしたランジェリーを発売する。今回のコラボレーションはバービー自身が企画を持ち込んだことで実現した。その背景には、バービー自身のブラジャーに対する悩みがあった。「シルエットを重視すると跡がつく、リラックス重視だとバストの形が崩れるというジレンマ、ブラジャーが合わないことで肌に黒ずみが残り、さまざまなものを試したけど自分の体にしっくりくるものに出合えなかった」とバービーは語る。

 バービーが体に残った痕の写真と共にこれらの思いを自身のインスタグラムに投稿したところ、同じ悩みを持つ女性から大きな反響を呼んだ。これを受けてバービーは「最初は自分の悩みが始まりでしたが、SNSに投稿したことで多くの人がブラジャーや胸に悩みがあり、それを誰にも話せない状況にあることをあらためて感じました。この状況を見て、コラボレーションをなんとしてでも成功させないといけないという責任感に変わりました」と、思いを強めたという。

 ブラジャーはEカップ以上のグラマーサイズは製品展開が少なく、選べるデザインの幅がぐっと狭くなる。今回のコラボレーション製品は、これまで「ピーチ・ジョン」では取り扱いのなかったアンダー90cmまで、C65〜G90をそろえる。脇の肉をしっかりと入れ込む脇高のサイドベルトで、体形をカバーしながらバストを美しく見せる構造にもこだわった。デザインは日常使いしやすいものや気分を高めてくれるようなセクシーなデザイン、ノンワイヤーブラトップの3種で、好みやシーンに合わせて選択できる。パンティーはブラジャーとセットで着用できるデザインをラインアップし、各タイプ5サイズをそろえる。

 コラボレーション製品のビジュアル撮影には、さまざまな体形のモデルを起用。それぞれが自身の体に自信を持って表現する姿が印象的だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら