ビューティ

SNSは、イヤなら自由に離れれば良い エディターズレター(2020年8月6日配信分)

※この記事は2020年8月6日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

SNSは、イヤなら自由に離れれば良い

 「WWDビューティ」編集部でSNSをパトロールしている浅野記者がほぼ毎週提供してくれる、「SNSでバズってること」レポートを毎回楽しく聞いています。普段は編集会議で教えてくれるのですが、部員がみんな「ヤバい!!それ、みんなに教えたい!!」とテンションを上げると、リンク1本目の記事の通り、追加取材をして、さまざまな形でアップされるのでご期待ください。

 で今週、そんな浅野記者が教えてくれたのは、「『ポカリスエット』のCMに違和感を覚える人たち」の存在。私は、「集団ダンス」に変わる「集団リモート合唱」にも薄い感動を覚えたくらいですが、「青春の押し売り」とか「あんな青春送ってない」みたいなコメントが目立っているというのです。

 早速、ツイッターをチェックしましょう。「申し訳ないけど、大っっっっっ嫌いだから、二度と私のTwitterに広告も流して欲しくないしテレビで流されても見ない」とか「俺たち青春してます!みたいな感じがほんとに無理や。あんなキラキラしとらんわボケ!」だそうです。いやぁ、厳しい。私だって、学生時代は決してキラキラしてなかったですけれどね(苦笑)。浅野記者は、「みんな、ちょっとずつストレスを貯め込んでいるんでしょうね」と分析します。みんな、そんなにストレスを蓄積しているのですね。最近は、嫌われることもある程度覚悟して意志を発信するコミュニケーションが増えていますが、今“腹をくくる”なら、「みんな、いつもより怒りの沸点が低いかもしれないこと」を意識した方がいいのかもしれません。

 とは言え、へそ曲がりな私はこんな投稿に出合うと、「一体、どういう人なんだろう?」とアカウントを辿ってしまいます。大抵、自分に対するネガティブコメントに対して、「~~だから、気にしない気にしない!!」って思考に切り替えるためなんですけれどね(苦笑)。例えばそのアカウントが、フォロー数もフォロワー数も十数くらいの「捨て垢」なら、気にしない。投稿全般がネガティブだったら、やっぱり気にしない(笑)。名前も、姿・形もわからないアカウントなら、それだってもちろん気にしない。となると、気にすべき投稿って実はそんなに多くないし、なぜか気にすべき意見は真摯に受け止められるようになります。無論、反省したり、意見を改めたりするのは、また別の話です。上述の「ポカリスエット」の話に戻ると、「ポカリ」「ウザい」なんて検索で出てくるツイートの大半は、私には「そんなに悩まなくていいかもしれない」程度のものでした。

 最近は、「お嫌いなら、お互いのために離れましょう」って思っています。例えば上述の投稿には、「アルゴリズムとかの影響で流れちゃうんでしょうから、ターゲティングされない属性のアカウントに変えちゃうとか?フォローしてる人・フォローされている人を入れ替えるのもアリかも。TVは、チャンネル変えるか、消すしかない」なんて真剣に思うし、提案したくなっています。心の底から、それが、お互いのためだと思うんです。無論、人生の中では逃れられない場面や、対峙せざるを得ない人がいるものです。でもSNSって、それとは違う。だから気に入らなければ、付き合わないのが一番ですよね?

 それってSNSのみならず、私たちメディアとユーザーの皆さんとの付き合い方も同じです。もちろん、嫌われるより、好かれた方が嬉しいです。好かれるために最善を尽くしているつもりです。でも、嫌われたら、仕方ない。「また、好きになってくれそうな時、お待ちしています」。そんな風に、結構真剣に思っています。

SOCIAL & INFLUENTIAL:社会情勢によって変化するファッション&ビューティ業界を見つめます。インクルージョン(包摂性)&ダイバーシティー(多様性)な時代のファッション&ビューティから、社会に届けたい業界人のオピニオンまで。ジャーナリズムを重んじる「WWD JAPAN.com」ならではのメルマガです。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。