ビューティ

「キールズ」のブランドパートナーにゆりやんと志尊淳が就任

 「キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)」のブランドパートナーに、芸人のゆりやんレトリィバァと俳優の志尊淳が就任した。

 「キールズ」は、人とのつながりや絆を大切にし、“ヘルシースキン”を通じてヘルシーライフの魅力を伝えている。今回、“ありのままの自分”を自由に表現しながら、人とのつながりを大切に考えている2人を起用した。公式サイトでは、就任紹介ムービーを公開している。今後、3者でブランドの魅力を伝える企画や、より良い未来のための社会活動に取り組む予定だ。

 志尊は、「学生時代に実際に使っていた『キールズ』と、こうしてご一緒できることがとても嬉しいです。当時は、“男性なのに”という周りの目を気にして、化粧水を買いに行くこと自体簡単ではありませんでした。『キールズ』にはそれを感じさせない文化や世界観があったのだと思います。『キールズ』との取り組みを通じて、誰でも『スキンケアしているの?いいじゃん!』と言い合えたら素敵だと思います」とコメント。ゆりやんは、「お話をいただく直前、まさに『健康的な素肌って1番かっこいいし、素敵だな』って思っていたところだったんです。私が最近になって気づけた自分らしさは、『心ここで折れず!』。失敗しても、人生終わる訳じゃないし。とにかく今やりたいことをやる、それが自分なのかなと思っています」とコメントを寄せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら