ニュース

永野芽郁が「雪肌精」新シリーズのミューズに就任 「肌にも地球にも優しい女性になりたい」

 コーセーは、「雪肌精(SEKKISEI)」の“クリアウェルネス”シリーズのミューズに女優の永野芽郁を起用し、新CMを9月16日から放送する。

 「雪肌精」は、今年ブランド誕生35周年を機に、初めて全面的なリブランディングを実施。その一環として、“地球のめぐみから美しさをいたただく”をテーマにした新シリーズ“クリアウェルネス”を9月16日から販売する。同シリーズのコアターゲットは20~30代前半で、製品は肌悩みや肌質に合わせた2タイプをそろえる。皮膚の酸化に着目して透明感を加速させる“効能タイプ”と、アルコールフリーで低刺激処方の“フリータイプ”を用意。いずれも化粧水や洗顔料などをラインアップする。プロモーションでは、すでに6月から“フリータイプ”のミューズを女優の清原果耶が務めているが、“効能タイプ”のミューズは後日の発表とし、期待されていた。

 今回、永野をミューズに起用した理由についてコーセーの織田浩行宣伝部部長は、「(テレビ)画面からにじみ出ているピュアな透明感が、『雪肌精』の世界観とぴったりだと感じた。本当にきめ細やかな肌をされていて、この判断は間違いがなかったと確信している」と説明。ブランドカラーの瑠璃色のドレスに身を包んで登場した永野は、「私が生まれる前から愛されている『雪肌精』のミューズに就任できて嬉しい」と感動。地球環境にも配慮した設計を取り入れるなどサステナブルな対応をしていることに関して、「肌にも地球にも優しい、そういうことに気をつける女性になりたい」と意気込みを語った。

 ブランドのイメージキャラクターは、2012年から起用する女優の新垣結衣がグローバルミューズとして今後も務める。最高峰シリーズの“雪肌精みやび”ではフィギュアスケーターの羽生結弦選手が継続してグローバルミューズを務める。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら