ニュース

「雪肌精」が「SEKKISEI」へ 35周年で初のリブランディング

 コーセーは9月16日、ブランド誕生35周年を迎えた主力スキンケア「雪肌精(SEKKISEI)」を初めてリブランディングする。グローバル化の加速と新たな接点を拡大するためブランドロゴを「SEKKISEI」に変更。ラベルや印刷のないシンプルなボトルデザインとし、外装にもリサイクル率の高い段ボールを使用するなど環境に配慮した取り組みも進める。

 「雪肌精」は1985年に誕生。複数の植物を組み合わせた和漢発想のスキンケア製品を展開し、“白い肌より、雪の肌”をコンセプトに透明感のある肌をかなえてきた。現在、日本を含め16の国と地域で展開し、主力製品の化粧水はブランド誕生時から2020年3月までで累計販売本数6150万本を超えるほど支持されてきた。これまで処方やパッケージデザインを変えずに展開してきたが、「環境問題やクリーン・ナチュラルマーケットの台頭、生産した地域や都市のブランド化、新型コロナウィルスの影響で世界の潮流が変化していることからリブランディングすることを決めた」と、鎌田昌人コーセー コンシューマーブランド事業部 事業部長は述べる。

 「SEKKISEI」は“地球のめぐみから美しさをいただく”をテーマに、新シリーズ“クリアウェルネス”を打ち出す。コアターゲットは20~30代前半となる。35年間透明感のある肌に向き合ってきた中で、改めて透明感のある肌を研究したところ、肌の彩度と色相、キメの流れが関係していることが判明。これらを整えることで、肌トラブルが起こりにくい健やかで透明感あふれる肌を実現していく。そのために、潤いバリアをかなえる国産原料のみで作られた独自成分のイトワを全製品に配合した。

 製品は肌悩みや肌質に合わせ、皮膚の酸化に着目して透明感を加速させる“効能タイプ”と、アルコールフリーや無香料、無着色、無鉱物油などで低刺激処方の“フリータイプ”を用意する。いずれも化粧水や洗顔料などをそろえる。

 ボトルデザインは水のしずくをイメージし、シンプルでミニマルなデザインに変更した。ブランドカラーも従来の“雪肌精ブルー”から瑠璃色に変えた。ボトルにはバイオマスPETを使用し、ロゴはエンボス加工を用いて印刷をなくした。外装は日本のリサイクル率が90%以上といわれる段ボール素材を使い、印刷にはバイオマスインキを使っている。製品の取り扱い説明書はデジタル化する。

 ブランドのイメージキャラクターは、2012年から起用する女優の新垣結衣がグローバルミューズとして今後も務める。“クリアウェルネス”シリーズには、女優の清原果耶と新たな1人を採用する。発表は後日となる。最高峰シリーズの“雪肌精みやび”ではフィギュアスケーターの羽生結弦選手を継続してグローバルミューズを務める。

最新号紹介