ビューティ

元宝塚男役スターの美弥るりかがスキンケア「バッサ」のイメージモデルに就任

 化粧品や健康関連事業を手掛けるササキは、元宝塚男役スターでアーティストの美弥るりかをスキンケアライン「バッサ(WASSER)」のイメージモデルに起用した。

 「バッサ」は医療現場で生まれた高濃度水素イオン水をベースにしたスキンケアシリーズで、洗顔からスペシャルケアまでラインアップし、どんな肌質の人でも使えることが特徴。赤ちゃんから使える点などが評価され、健康医療に役立つ製品に贈られる日本健康医療アワードを化粧品として初めて受賞した。

 美弥るりかは2003年に宝塚歌劇団の89期生で入団し、男役として幅広い役柄を好演。「ロミオとジュリエット」のマーキューシオ役、「1798-バスティーユの恋人たち」のシャルル・アルトワ役、「グランドホテル」のオットー・クリンゲライン役、「雨に唄えば」のコズモ・ブラウン役などで評価を高めた。19年6月に宝塚歌劇団を退団した後は、アーティストとしてライブ、イベント、舞台などさまざまな分野で活動している。

 イメージモデルの就任に関して、「年々“シンプルで優しいスキンケアを選びたい”と思うようになり、今『バッサ』の美容液は私の肌に欠かせない。無添加でオイルフリーなので、肌が喜んでいるのを実感できる。安心して使用できるのでぜひ試してほしい」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら