ビューティ

「リンクルショット」がリニューアル シワ改善率は約1カ月で2倍アップ

 ポーラは2021年1月1日、シワを改善する薬用化粧品“リンクルショット メディカル セラム N”(1万3500円)を発売する。同製品は17年に登場した、化粧品業界で初めて“シワを改善する”医薬部外品の認可を得た“リンクルショット メディカル セラム”を進化させたもの。新成分を追加し、現行品と比べてシワ改善率は約1カ月で2倍アップする。

 同社独自のシワに対する医薬部外品有効成分「ニールワン」を配合した“リンクルショット メディカル セラム”は17年の発売以来、体験人数約110万人、累計売り上げは国内外合計で328億円規模となり、シワ改善のパイオニアとして市場をけん引。今回、「シワの改善には個人差があるものの、極端にシワが改善しやすい人もいる。シワの改善力と傷を治す力の関係性に着目した」とブランド担当者。傷が治る際に欠かせない、多糖類の一種であるコンドロイチン硫酸がシワの溝の部分で減少することに注目し、溝にコンドロイチン硫酸が増加することで「ニールワン」の働きを高めて肌を立体的に再生することがわかった。

 新“リンクルショット メディカル セラム N”は、「ニールワン」に加え、肌のハリと潤いをサポートするポーラオリジナル複合保湿成分「ICユニット1」と複合成分「エイドリキッド」、しなやかに動く各層をサポートするオリジナル複合保湿成分「NEREリキッド」を配合。製品は、「ポーラ ザ ビューティー」約670店を含む約4000店のポーラショップ、百貨店の「ポーラ」コーナー、公式オンラインショップなどで販売するほか、中国(越境EC)、台湾、香港、タイ、マカオ、シンガポール、韓国の免税店でも順次発売予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら