ビジネス

ポーラ「リンクルショット」売れ行き好調で値下げ実現

 「ポーラ(POLA)」の「リンクルショット メディカル セラム(以下、リンクルショット)」が、2018年1月1日から価格改定を行い、現在の1万5000円から1万3500円に値下げする。化粧品業界で初めて“シワを改善する”医薬部外品の認可を得た同商品は、17年1月1日の発売以来想定を上回る販売数を記録。製造コストを下げることができたため値下げに踏み切った。

「リンクルショット」は発売前から注目度が高く、単体商品としては異例の売り上げ目標となる“年間100億円”を掲げてデビューしたが、反響の高さから5月には125億円に上方修整。9月までの累計販売実績は約80万個、売り上げ約112億円と好調に推移している。

 約25%は新規購入者で、他商品を併せて購入する比率も60%を超えるなど、ポーラブランドを牽引する商品に成長した。値下げを行うことで、さらなる新客獲得を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら