ビジネス

ポーラ・オルビスHDは過去最高益 シワ改善部外品で87億円

 ポーラ・オルビスホールディングスの2017年1〜6月期連結決算は、基幹ブランドの「ポーラ」や育成ブランドの「THREE」「ディセンシア」が売上高をけん引し、前年同期比9.7%増の1173億円だった。営業利益が同72.4%増の209億円、経常利益が同86.0%増の209億円、土地の譲渡益なども手伝い純利益が同68.9%増の139億円と過去最高益となった。

 事業部別の売上高は、ビューティケア事業が同10.0%増で1093億円。 「ポーラ」の売上高は同22.5%増の695億円と大幅に伸長した。日本初のシワ改善で医薬部外品を承認された「リンクルショット メディカル セラム」が約62万個・約87億円を売り上げ、年間目標125億円を上回るペースで推移した。売上高は同22.5%増の695億円と大幅に伸長した。「THREE」はメイク品の好調と新規出店が貢献し、売上高は同35.9%増の37億円を計上した。不動産事業は同11.1%減の13億円、その他が同10.3%増の67億円だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら