ビューティ

SDGsだけじゃない、ブランドの「サステナビリティ」を考える【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週はメイクアップアーティストと情報サイトが手掛ける新製品について。(この記事はWWDジャパン2021年3月8日号からの抜粋です)

今週の識者
弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター

 ニューヨークを拠点に活動するビューティクリエイター、吉川康雄氏が起業し手掛ける新しいメイクアップブランド「アンミックス(UNMIX)」が4月1日に誕生する。ヘア&メイクアップアーティストとして幅広いキャリアをもつ吉川氏は、2020年末までカネボウ化粧品が展開していた「キッカ」で10年間、ブランドクリエイターを務めた。「キッカ(CHICCA)」は百貨店で販売し、ほかの百貨店ブランドと同様、シーズンごとに新色・限定色、クリスマスコフレなど、マーケティングプランに基づいたスケジュールで商品を発売していた。プロモーションも含めれば毎月何かしら「新しいもの」を求められるチャネルで、1人のクリエイターが10年もの間、ブランドを守り続けたのはまれな例だ。

 「アンミックス」では、シーズンごとのコレクションカラーを発表せず「本当に必要なものや自分に合ったもの、好きなものをいつでも安心して使えるプロダクトをそろえていく」という。吉川氏の言葉は、マーケティングプランに追われるように新製品・限定品を発売し「完売」をあおる今のビューティ業界のサイクルに、大きな警鐘を鳴らすものだ。

この続きを読むには…
残り1767⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら