ビューティ

ただ新製品を発売するだけでは通じない時代

有料会員限定記事

 最近、ますます自分の中で膨らむジレンマがある。ビューティ企業のサステナビリティの取材をしている身として、企業のサステナブルな取り組みは素晴らしいことだと思う。だが同時に、毎日のように編集部に届く“サステナブル”“エシカル”“クリーン”なブランドの誕生や新製品の発売に関するリリースに、何とも言えない違和感を抱いたりもする。例えば、「プラスチックを従来の〜%減らして作ったパッケージを用いている」「減プラに取り組んでいる」ということはよく記されているが、そもそも本当にプラスチックを減らしたいなら、新製品を出すこと自体、プラスチックを生み出しているのでは?と思ってしまう。ほぼ外出しなくなり着る服やメイクの季節性があまり関係なくなった中で、シーズンごとに新作が次から次へと発売されることにもやっぱり違和感を抱く。もちろん、ビジネスである以上は新作を出す必要はあるし、サステナブルでない既存品の需要が下がるのであれば、このような新作が存在する価値はあるだろう。(この記事はWWDジャパン2021年2月22日号からの抜粋です)

 化粧品業界を見ていてますます感じることは、もうあまり“質”“効果”だけでは勝負できないこと。今の時代、ドラッグストアなどで売られている1000円台の化粧品が、高価格帯の百貨店コスメと同じように評価される。中身や開発技術は違えども、発色の良さや使い心地、効果実感はプチプラでもデパコスでももうあまり関係ない。アットコスメやアマゾンで、いろいろな価格帯のコスメが同じ並びで売られているのを見ると、ますますそう思う。高品質・高機能であることはもう前提として当たり前であり、プラスアルファの価値がないと生き残れないほど競争が激化している。特に化粧品業界の成長が続く中で、同じようなコンセプトや効果効能を打ち出す製品も目立ち、化粧品そのものの効果などで差別化を図ることがどんどん難しくなっているように感じる。

この続きを読むには…
残り731⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら