ビューティ

韓国で加速するクリーンビューティトレンド、押さえておきたい3大人気ブランド 海外ビューティ通信ソウル編

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」ではパリやニューヨーク、ソウル、ベルリンの4都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。(キャプション中の円換算レート:1ウォン=0.09円)

 オーガニックやナチュラルビューティの範疇を超え、世界的なトレンドとなっているクリーンビューティ。韓国も例外ではなく多くの人気ブランドが生まれている。その中から注目の3ブランドを紹介する。

最注目は“高級レストランのシェフ”を意味する「クオカ」

 2019年10月設立のプレミアムスキンケアブランド「クオカ(KUOCA)」は、韓国で今最もホットなクリーンビューティブランドの一つだ。トリュフやアルガン、オリーブ、ローズヒップなどのエキスをローズマリーやラベンダー、フレンチウォーターに配合したスキンケアアイテムを展開し、イタリア語で「高級レストランのシェフ」を意味する「Cuoca」からインスピレーションを得て誕生した。肌を刺激する3大物質(化学防腐剤、人工色素、人工香料)とシリコンオイルを100%排除し、肌に無害な天然原料の中から優れた効能を持つ高品質な原料を選別。有効成分を肌に最大限に届けるため、独自配合技術である高保湿抗酸化複合体を開発した。

 「クオカ」ではファームトゥテーブル(Farm to table、2010年代に米国西海岸から広まった食に対する考え方)を取り入れ、低刺激な有効成分が新鮮な状態で最も優れた効果を発揮する点に着目し、製品を製造後30日以内に消費者の手に届ける販売システムが話題だ。それを実現するためにOEM委託ではなく自社生産にこだわり、需要に応じた生産量を予測し製造を行っている。肌を刺激する3大物質(合成防腐剤、着色料、合成香料)とシリコンオイルの100%排除、肌に無害な天然原料の中で優れた効能を持つ最上級原料を選別、原料の有効成分を肌に最大限に伝えるための独自配合技術として高保湿抗酸化複合体を開発した。主なユーザーは20~45歳の女性だが、全体の2割を男性が占め外見や身だしなみに気を配るグルーミング族の愛用者も多い。今年中の日本進出を目指している。

韓国最大の美容アプリ「ファへ」と提携する「ビープレーン」

 安らぎをコンセプトにした「ビープレーン(BEPLAIN)」は、18年10月に2種類のアンプルからスタートした。現在はトナーや乳液、シートマスク、クレンジングなど10種類以上をラインアップ。全製品が無香料で無着色。緑豆やよもぎ、竹の汁など韓国産の原料を使っていることが特徴だ。ブランドの成長の原動力は、韓国最大のモバイルビューティプラットフォームアプリ「ファへ(HWAHAE)」と提携し消費者のニーズをより客観的に把握してトレンドをリードしていることにある。生分解性素材を使用して分離型ラベルを採用した分別廃棄しやすいエコフレンドリーなパッケージと、アニマルフレンドリーな生産方法に加えて、海の生態系を脅かす成分を排除する“クリーンオーシャンキャンペーン”を展開している点でも支持を得ている。これまで日本を含む海外8カ国で発売。日本では「楽天市場」や「Qoo10(キューテン)」で購入できる。今後は欧州やメキシコなどへの進出を計画していて、グローバルビューティブランドとしての地位確立に向けて着実に歩みを進めている。

日本でも人気急上昇中の「ベージック」

 最後に、日本でも昨年デビューし認知度を上げつつあるビーガンコスメ「ベージック(BEIGIC)」も韓国のクリーンビューティカテゴリーに欠かせないブランドだ。「捨てて満たして防御する」という方法論で全ての肌タイプに効く3ステップソリューションを提案する。合成香料、合成着色料、シリコン、サルフェート、パラベン不使用を貫く。全製品に純粋なグリーンコーヒー豆エキスを配合し、肌の再生を促す必須アミノ酸や抗酸化物質とビタミンE、そして肌本来の治癒力を回復させる天然カフェインも含まれ、透明感のある明るい肌に仕上げると評判だ。美容雑誌「アルーア(ALLURE)」韓国版のベスト・オブ・ビューティ・アワードで、19年のベストビューティフェイシャルオイル部門1位を獲得し、20年はリピート率約34%を達成するなど新興ブランドとしては目覚ましい人気を得ている。日本のほかに英国、フランス、米国、シンガポールなど国外10カ国に進出しており、今年欧州と北欧でのローンチを目指している。

 韓国ビューティ業界はこれまでにBBクリームやティントリップなど多くのビューティトレンドを生んできた。クリーンビューティ領域でも成分や剤型など新しい提案が登場することに期待したい。

チョン・ジャキョン:フリーランスコーディネーター兼ライター。ソウル生まれ。アート関連会社と映画製作会社の演出部を経てメディアコーディネーターに転身。雑誌を中心にテレビ、広告、スポーツなど幅広い分野で活躍。携わった書籍は「ソウル美容完全ガイド」(講談社)など多数

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら