ファッション

D2Cブランドを集めた“新時代のデパート” NYのショーフィールズが21年内に日本進出へ

 “世界一面白い店”“新時代のデパート”として注目を集める米ニューヨークのショーフィールズ(SHOWFIELDS)が、2021年内に日本に進出する考えだと明かした。ルミネが米「WWD」と組んで2月24日に行ったオンラインセミナー内で、ショーフィールズのタル・ズヴィ・ナサネル(Tal Zvi Nathanel)CEO兼共同創業者が公表した。

 日本の店舗が常設となるのかポップアップなのか、出店先の立地はどこかといったことは全て未公表。同セミナーの中でナサネルCEOは、ニューヨークに続いて20年に米マイアミに出店したことや、今後は商業施設やホテルなどと組み、その一角でショーフィールズのコーナーを展開していく計画があることも話した。

 ショーフィールズはニューヨーク・ノーホー地区に18年末にオープン。実店舗を持たないD2Cブランドやアート作品などを集め、それぞれの世界観が体験できるとともに、置いてある商品はECで購入できる体験型ショールーミングストア(RaaS=Retail as a Servise=サービスとしての小売り)の先駆け的存在の一つとして注目を集めている。同様にRaaSとして注目されている米シリコンバレー発のベータ(B8TA)は、丸井グループや三菱地所などの出資も受けて20年8月に新宿マルイ本館と有楽町に出店。同じくRaaSである米発のネイバーフッドグッズ(NEIGHBORHOOD GOODS)に出資するシンガポール拠点のファンドには、TSIホールディングスが20年2月に出資するなどしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら