ファッション

「ルイ・ヴィトン」 × 川久保玲が7年ぶりに復活 レザーの表面を大胆にカットアウト

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲デザイナーとのコラボトート“バッグ ウィズ ホールズ(BAG WITH HOOLES)”を3月20日に発売する。同コラボは、日本初の直営店である銀座並木通り店のリニューアルオープンを記念したもの。販売は「ルイ・ヴィトン」のライン(LINE)公式アカウントを友だち追加し、3月1〜7日に実施するアンケートの回答者を対象に抽選を行う。応募方法は同アカウントで1日に発表予定だ。

 “バッグ ウィズ ホールズ”は2014年に、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)や映画監督のシンディ・シャーマン(Cindy Sherman)ら6人を招いたコラボレーション「アイコンとアイコノクラスト:CELEBRATING MONOGRAM」で、川久保が手掛けたモデルだ。今回はブラックのグレインカウハイドレザーに、「ルイ・ヴィトン」の代表的なモノグラム・パターンを施し、内側には取り外し可能な収納ポーチを付属した。同モデル最大の特徴はレザーを大胆にカットアウトしたデザインだ。大容量のMMサイズ(51万円)、クロスボディーバッグとしても使用可能なPMサイズ(46万8000円)をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら