ファッション

「メゾン マルジェラ」、20年は20%増収 親会社は「ジル サンダー」買収間近か

 「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」などを擁するOTBの2020年12月通期決算は、売上高が前期比14.3%減の13億1000万ユーロ(約1650億円)、営業利益は同23.7%減の1350万ユーロ(約17億円)だった。

 ブランド別では、全ての地域および販売チャネルで業績を伸ばした「メゾン マルジェラ」の売上高が同20%増の2億4000万ユーロ(約302億円)と好調だった。主力ブランドである「ディーゼル」は、引き続きOTBにおける売り上げ全体の50%以上を占めているという。

 地域別では日本が売り上げ全体の27%を占めているほか、中国市場も非常に好調で、これらを含むアジア太平洋地域が売り上げの40%以上を占めている。販売チャネル別では、卸が売り上げの3分の1以上となっている。

 OTBは数年前からデジタル分野の強化に取り組んでおり、18年には自社ECでシームレスな買い物体験を提供するオムニチャネル・プラットフォーム、“ムーン(MOON)”の開発に着手。コロナ禍の影響で実店舗の売り上げが減少し始めた20年5月に、これを「ディーゼル」のECに導入した。こうした戦略が奏功し、同ブランドの売上高におけるECの割合は19年の7.9%から13.3%に増加した。外部プラットフォームも含めると、売り上げの24%以上がECによるものだ。今後は「メゾン マルジェラ」や「マルニ」にも“ムーン”を導入していく。

 OTBが「ジル サンダー(JIL SANDER)」の獲得を目論んでいるのではないかとの憶測が、20年12月頃から広まっている。ウバルド・ミネッリ(Ubaldo Minelli)OTB最高経営責任者は、「間もなくニュースの発表があるだろう。当社は成長目標を計画通りに達成しており、投資によって事業範囲を拡大することも可能な状態だ」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら