ビジネス

画面の奥の保護者、そして手前の学生に向けて エディターズレター(2020年11月18日配信分)

※この記事は2020年11月18日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editor's Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

画面の奥の保護者、そして手前の学生に向けて

 リンク1本目の記事の通り、今週末、ワールドによる「アカデミア」でキュレーターを務めさせていただきます。まずは年度末くらいまで毎月開催予定で、継続的に参画させていただくことになりました。可能なら、キュレーターの枠を脱し、パートナーになりたいと思っているところ(笑。ワールドの方には、そうお伝えしています)。ワールドの「ナレッジを共有するプラットフォームの創出を目指す」という理念に共感したからです。

 初回はMDという仕事にフォーカスを当て、「ザ・ノース・フェイス」と「ビューティ&ユース ユナイテッド アローズ」、それにワールド傘下の「インディヴィ」という3ブランドの担当者にお話を伺います。ブランドも、ターゲットも、ビジネスのあり方も全然違う3ブランドです。そもそも一番“定義があいまい”な職種(と思っています。良い意味で、です)のMDですから、3人の仕事は多分、全然違いますよね(笑)。そんな3人がMDという仕事の幅の広さと奥深さ、責任感とやりがい、そして将来と理想像を語り合う「アカデミア」は、きっと同業他社、そして未来の業界人にとって大きな参考になり得るでしょう。キュレーターを務める交換条件として(笑)、今回は専門学校生を10人ほど、ご招待させていただくことになりました。来月以降も、親交のある学校にお声がけするつもりです。

 コロナ禍ゆえ直接会える機会は減っていますが、ファッション、そしてビューティの世界に羽ばたこうとしている学生や若手は、極力応援したいと思っています。こんなご時世なら、なおさらですよね。とある企業は、内定式の時、オンラインでつないだ画面の奥や横にいる保護者の存在が大きなプレッシャーだったそうです。「我が子をアパレル業界に送り出して良いのか?」、そんな思いゆえでしょう。業界として「大丈夫です。安心して、お子さんを送り出してください」と伝えているつもりですが、一方で本人にも「ご家族を説得できるよう、ちゃんと勉強しなくちゃね!」とも思っています。この「アカデミア」が、その一助になれば嬉しいですね。

 かつての業界最大手の呼び掛けが、大きなムーブメントになることを期待します。そのお手伝いができれば、こんなに嬉しいことはないのです。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら