ファッション

「ロジェ ヴィヴィエ」新作ジュエリーコレクション 「エミリー、パリへ行く」出演女優をキャンペーンに起用

 「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は新作ジュエリーコレクションのデジタルキャンペーンに、ネットフリックス(NETFLIX)の人気ドラマ「エミリー、パリへ行く(原題:Emily in Paris)」に出演中のカミーユ・ラザット(Camile Razat)を起用した。同キャンペーンでは、シャルル・ボードレール(Charles-Pierre Baudelaire)の詩「Les Bijoux」にオマージュを捧げて撮影し、ショートムービーを作成した。

 ジュエリーコレクションは、デビューコレクションで披露した“ブロッシュ”バックルを採用し、さまざまな形のジュエリーが組み合わせられた。イヤリングはミニバックルとクリスタルが施され、パールは流れるようにつなぎ合わせられている。またいくつもの異なるサイズのクリスタルで作られた花の王冠も製作した。

 「エミリー、パリへ行く」は外出が制限された中で多くの人がハマり、人気を集めている連続ドラマ。パリでのアメリカ人の古典的な様子を描写しており、物語の中でラザットはリリー・コリンズ演じるエミリーの友人として出演し、最終的に男性相手の三角関係に発展する。

 同ブランドのゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)=クリエイティブ・ディレクターは、「彼女は若く、素晴らしい才能を持った新鋭の俳優だ。ミステリアスな美しさを持ちながら、生き生きとしている。このドラマはときにステレオタイプにパリのイメージを描きすぎているが、フィクションにおいては本当ともいえる」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら