ファッション

パリコレ現地リポートVol.3 「クロエ」と「ロジェ ヴィヴィエ」はリアルでもデジタルでも映え!

 
 こんにちは、ヨーロッパ通信員の藪野です。早いもので、もう10月に突入しちゃいましたね。フランスでは新型コロナウイルスの1日の新規感染者数1万人超えが続き、パリも雨が降ったり止んだりという天気でパッとしませんが、元気に取材を続けております。これからは毎日のショーの数は少なめですが、プレゼンや展示会を含めた4日目のダイジェストをお届けします!
 

10月1日(木)

13:00 黒人でゲイという“自分らしさ”を押し出した「ケニス イゼ」

 2019年度「LVMHプライズ」のファイナリストで、昨シーズンのパリコレでランウエイデビューも果たした「ケニス イゼ(KENNETH IZE)」のプレゼンテーションにやって来ました。デジタルではアーティストのマティ・ビエヨンダ(Maty Biayenda)がイラストを描く映像を公開しましたが、リアルでは彼女のライブペインティングが行われ、その前に一人ずつモデルが登場しました。今季もデザイナーの故郷ナイジェリアで織られた伝統的なマルチカラーストライプ生地を使ったテーラードアイテムが豊富。さらに同様の柄を表現した軽やかなニットやシャツも新たに提案しました。

 幼少期にオーストリアに移住したケネスですが、彼が目指しているのはアフリカのカルチャーを世界に伝えること。そして、今シーズンはBLMやトランスジェンダーの人々への暴行事件など世界で起こっていることから、黒人でゲイであるというアイデンティティーや自分のフェミニンな部分を押し出すことにしたそう。ケネス自身も男性モデルもカラーメイクとマネキュアを施していて、チャーミングでした。

14:00 「クロエ」ガールズはパリの日常からランウエイへ

 「クロエ(CHLOE)」のショー会場は、パレ・ド・トーキョーの中庭。屋外だし、広々とした席配置で、これまでで最も安心感のある会場でした。雨が降ったり止んだりの天気なのできちんと各席の下に大きな傘が用意されていたり、温かい飲み物が配られていたりと心づかいを感じます。

 パラついていた雨もタイミング良く止んで、ショーがスタートしました。今回は会場の周りのセーヌ川沿いや通りにモデルを配置して、パリの日常のような風景からランウエイへとモデルが歩いてくる演出。翌日、ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)=クリエイティブ・ディレクターにZoomでインタビューをしたのですが、「今回はリアルもデジタルも大事で、優先順位はない。それにパリに美しいオマージュを捧げたかった」と教えてくれました。そして、そこからはリアリティーも感じられて良かったですよね。そう伝えると、「『クロエ』にとって、アティチュードはとても重要な要素。リアルなストリートで女性たちがどう動くか、どのような仕草を見せるかということが大切」とナターシャ。デジタルでの配信も考慮してリアルショーに趣向を凝らした演出を用意しているブランドが今季はとても多いですが、「クロエ」のショーはリアルで見てもデジタルで見てもそんなメッセージが伝わるショーだったのではないでしょうか。

 コレクションについては「女性たちは今、そこまで新しいものを求めていないから、突飛なことをやる必要はない。だから斬新さを探求するのではなく、知っているものをいかに違うように見せるかに取り組んだ」とコメント。これまでに提案してきたデザインやシルエット、柄、そしてブランドらしさを生かして、今シーズンのクリエイションに臨んだといいます。その結果は、安らぎを求めている今にぴったりで好印象!優しいカラーパレットと軽やかな素材使いが印象的な心地よいコレクションに仕上がっていました。そこに加えたアーティストのコリータ・ケント(Corita Kent)による鮮やかな色のアートワークもアクセントが効いていましたよね。

 

16:00 映像でも店舗でもファンタジーを作り上げた「ロジェ ヴィヴィエ」

 いつも“ホテル ヴィヴィエ”と題した夢の世界のようなプレゼンテーションで楽しませてくれる「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」も、今回はデジタルでの発表となりました。それを補完する展示会がパリの店舗であるということでお邪魔したのですが、いやぁ〜スゴかった!なんとショップの2階の一部を“プチ・ホテル・ヴィヴィエ”仕様に変えて、ゲストを迎えてくれました。地面には本物の土が敷かれ、植物が生い茂る中に新作が展示されていて、クリエイティブ・ディレクターであるゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)の世界観が炸裂!発表されたシミュレーションゲームのような映像作品も妖しげな案内人のいる小さな試写室で拝見しました。

 今季の一押しは、ハンドペイントでフラワーモチーフが描かれたバッグやシューズ。イタリアの田舎で自然に囲まれてロックダウン中を過ごしたというゲラルドは、ブランドにとっても重要な要素である花に改めてフォーカスすることにしたそう。また、現在のライフスタイルを反映して“快適さ”を重視したフラットなサンダルを豊富に提案。手入れのしやすいパテントレザーのアイテムも増えています。ぜひ、写真でたっぷりとお楽しみください!
 

20:00 密なダンスにヒヤリ。超エネルギッシュな「イザベル マラン」

 「イザベル マラン(ISABEL MARANT)」は一言で言うと、とってもエネルギッシュ!パフォーマー集団「(LA)HORDE」の躍動的なダンスに圧倒されました。コレクションは、肩や袖にポイントを持ってきたデザインやウエスタン調のディテールをはじめ、同ブランドらしいアイテムがズラリ。今季は、パープルやピンク、赤、青などの鮮やかな色とそれらを薄めたようなパステルカラー、そしてメタリックなシルバーが中心になっています。

 ただ席がサイドだったのでモデルがパフォーマーの群れと同じトーンの服を着て一緒に歩いてくると、見落としそうになることも(汗)。正面の席だとモデルが中心にくる感じでよく見えたのだな〜と、オンラインで映像を見直して納得しました。終盤のペアが抱き合うダンスは、この時期にこの演出をやるのかとちょっとヒヤヒヤとしましたね……。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら