ファッション

カルバン・クライン社が日本でアパレル事業開始 オンワード樫山とのライセンス契約終了に伴い

 米PVHコープ(PVH CORP)の子会社カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)社は9日、日本で「カルバン・クライン」のアパレル部門を2021年に立ち上げると発表した。日本で同ブランドを四半世紀以上にわたってライセンス展開してきたオンワード樫山との契約が終了するのに伴う決定。

 オンワード樫山は百貨店などで運営する51店舗の「CK カルバン・クライン(CK CALVIN KLEIN))」の営業を20-21年秋冬で終了させる。21年秋からカルバン・クライン社が店頭とオンラインでの販売を始める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら