ファッション

ホームグッズが売れて「エルメス」好調 丸の内店に続き仙台・藤崎の店舗もリニューアル

 エルメスジャポンは9月5日、仙台の百貨店、藤崎にある店舗をリニューアルオープンした。「プレシャスレザーを含む高額バッグが多数売れ、目標としていた予算の倍近い売り上げとなった」(特選売り場担当者)と、出足から絶好調だ。グランドオープン日の5日と翌6日には、宮城・石巻産のガーベラの花を客に無料配布した。

 「エルメス(HERMES)」は8月8日に、東京・丸の内の路面店もリニューアルオープンしている。藤崎の店舗のリニューアル後の売り場面積は従来と変わらず約144平方メートル。東北地方では唯一の「エルメス」店舗となる。内装は東京・丸の内店と同様、パリの設計事務所のレナ・デュマ・アルシテクチュール・ダンテリユールが手掛けた。壁面には国産の竹とラッカーのパネルを使用。レザーグッズ、スカーフ、アクセサリー、香水、ウエアなどとともに、食器などの“ホームコレクション”も充実し、顧客をゆったりと接客できるラウンジも設けた。
 
 リニューアル前の6~7月で見ても、藤崎の「エルメス」は前年同期比19%増で推移していた。ラグジュアリーブランドは全般的に、大都市圏の百貨店が免税売り上げ大幅減となる中で、地方百貨店に商品を充実。それが地方店の活況につながっているようだ。消費者も大都市圏に出かけずに地元で消費する傾向も強まっており、藤崎だけでなく千葉市や岡山市、東京・立川などの百貨店からも大型ラグジュアリーブランド好調との声が聞こえてくる。
 
 「エルメス」は藤崎以外の有力百貨店でも売れている。大丸松坂屋百貨店(特選カテゴリーのある10店)の「エルメス」の6~8月売り上げは前年同期比23%増。高島屋(全17店)の6~7月では同17%増だった。レザーグッズなどの看板アイテムに加え、“ホームコレクション”がステイホーム期間中のニーズをつかんで売り上げを押し上げている。

 「WWDジャパン」9月21日発行号では、全国有力百貨店の特選売り場の6~7月の商況の振り返りや、秋冬商戦に向けての注力点をレポート予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら